WiMAXの速度制限ってどのくらい不便なの?

WiMAXには、速度制限があります。

そして速度制限の内容は、2017年2月2日から大きく変化しました。

この記事では、WiMAXの速度制限の不便さを解説します。

契約を検討している方は、自分がWiMAXに合っているかよく吟味しましょう。

直近3日間で10GB以上使うと、夜に速度制限がかかる

WiMAXの速度制限は、2017年2月2日以降直近3日間で10GB以上通信した場合にかかります。

制限を超えた翌日の18時から翌々日2時ごろまで、速度が1Mbps程度にまで制限されます。

1Mbpsは、画像の多いサイトなどは開くのに時間がかかりますし、アプリのダウンロードも遅いです。

さらに動画視聴も、YouTubeなら画質を落とさなければ厳しいでしょう。

18〜2時は、働いていたり学校に通っていたりする人ならちょうどWiMAXを使う時間帯ですよね。

ピンポイントで低速化するので、速度制限にはかからないようにしたいところです。

今までは3日につき3GB以上通信すると1日中速度制限がかかっていたが、制限後の速度は速かった

今までのWiMAXの通信速度制限は、3日で3GB以上通信した場合に1日中、速度が概ね5Mbps程度にまで制限されるものでした。

こちらの制限は確かに通常時よりは速度が下がるものの、ある程度高画質な動画も普通に見られますし、ブラウジングも快適でした。

たくさん通信する人によっては、2017年2月以降の速度制限はむしろ制限が厳しくなったと感じられるでしょう。

au回線を7GB使うとギガ放題も含め速度制限が月末までかかる

速度制限で注意したいのが、au回線に切り替えられるルーターを使用している場合、7GB使ってしまうとギガ放題の契約であっても速度が128kbpsにまで落ちることです。

月末までずっと、このスピードです。

128kbpsですと、ブラウジングはほぼ無理ですし、動画も無理です。

メールくらいしかできません。

au回線を使う場合は、7GB使い切る前にモードを通常のWiMAX回線に戻しましょう。

まとめ

WiMAXの速度制限は、2017年1月までは制限がかかったとしてもそこまで不便なものではありませんでした。

しかし2月以降は、時間は決まっているものの制限後に1Mbps程度にまで速度が下がってしまうため、制限されるとかなり使い勝手が悪くなります。

1Mbpsの速度ではブラウジングも快適とは言えません。

速度制限には、かからないようにしましょう。

シェアする

フォローする