ポケットwifiを乗り換えるときの注意点を教えてください

ポケットWi-Fiをすでに契約していて、これから乗り換えたい場合もありますよね。

ポケットWi-Fiは次々に新しいルーターを提供していますし、またWiMAXとPocketWi-Fiという大きく分けて二つのバリエーションがあるため、もう片方でも試してみたい場合があるでしょう。

この記事では、ポケットWi-Fiを乗り換える時の注意点を解説します。

契約更新期間内に解約すれば違約金・解約金が0円

ポケットWi-Fiを乗り換える時は、契約更新期間内に解約してから別のものに乗り換えるように気をつけましょう。

WiMAXは2年経った段階で契約更新期間が発生します。

そのタイミングで解約すれば解約金はかかりません。

契約更新期間より前の解約なら、解約金は1年目なら19000円、2年目は14000円、3年目からは9500円が一般的です。

違約金はできる限り支払いたくないですよね。

やむを得ない時は仕方がありませんが、基本的には2年間しっかり使ってから乗り換えるようにしましょう。

プロバイダを吟味し、自分に合ったものを選ぶ

乗り換えの際は、次に契約するプロバイダをよく吟味しましょう。

ポケットWi-Fiはプロバイダによって、得られる特典が大きく異なります。

そして同じような特典でも、各プロバイダで細かい内容は異なります。

例えばキャッシュバックが充実しているプロバイダはたくさんありますが、キャッシュバックがもらえるまでに1年以上かかるプロバイダもあれば9ヶ月程度でもらえるプロバイダもあります。

キャッシュバックや月額割引は、金額だけを見ずにその手続き内容なども細かく見て選ぶことをお勧めします。

WiMAXは2年、ワイモバイルのPocket Wi-Fiは3年契約

WiMAXは2年契約で、ワイモバイルのPocket Wi-Fiは3年契約です。

もしも別のポケットWi-Fiに乗り換えるなら、契約期間の違いには注意しましょう。

どちらも2年、あるいは3年契約だと思っていたら、次に乗り換える時にようやく契約期間の違いに気づいて違約金が発生してしまうこともあり得ますよ。

まとめ

ポケットWi-Fiを乗り換える時は、安く解約して高いキャッシュバックや月額割引の特典を得たいところです。

ただし金額にばかり気を取られていると、かえって不利な契約を結んでしまうこともあり得るのがポケットWi-Fiです。

よく注意しましょう。

シェアする

フォローする