WiMAXのメリットとデメリットは?

ポケットWi-Fiには、WiMAXとワイモバイルのPocketWi-Fiがあります。

今回は、WiMAXのメリットとデメリットについて解説します。

WiMAXは非常に魅力的なポケットWi-Fiですが、デメリットも数多く存在します。

事前に理解した上で契約しましょう。

WiMAXのメリット:速度が広く、通信量の上限も大きい

WiMAXのメリットとしてまずあげられるのは、速度が速いことでしょう。

エリア内で電波受信状況が良好であれば、高速で通信できます。

そして2017年2月2日より、通信制限が3日間につき10GB以上通信した場合になります。

ワイモバイルのポケットWi-Fiは3日につき3GB以上で速度制限がかかるので、WiMAXの方が制限が緩いことになりますね。

WiMAXのメリット:プロバイダがたくさんあり、キャッシュバックなどがもらえる

WiMAXのメリットはもう一つあります。

プロバイダがたくさんあって、キャッシュバックや月額料金の割引、タブレットがもらえるなど、何らかの特典がもらえるのが嬉しいポイントですね。

プロバイダごとに特典は決まっているので、自分に合ったプロバイダを選択しましょう。

プロバイダごとの通信速度の違いは、全てUQコミュニケーションの回線であるため基本的にはないとされています。

WiMAXのデメリット:解約時の違約金が高い

WiMAXのデメリットは、解約時の違約金の高さですね。

1年目は19000円、2年目は14000円が一般的です。

さらに契約は自動更新であり、3年目以降は9500円程度の違約金が発生するので、2年経った段階で解約し忘れないように気をつけなければいけないのも難点です。

WiMAXのデメリット:エリアが狭く、壁にも弱い

エリアは、ワイモバイルのポケットWi-Fiよりも狭いです。

壁にも弱く、屋内での通信は苦手なのもWiMAXのデメリットに挙げられますね。

WiMAXは都会であってもエリア外なことがありますし、エリア内であっても壁などの関係でうまく電波が受信できない場合があります。

まとめ

WiMAXにはメリットもデメリットもあります。

キャッシュバックや月額割引が得られるのは大きなメリットですね。

WiMAXでは条件さえ合えば高速で快適に通信できますが、合わなければ通信がまともにできないので、事前にTry WiMAXなどのサービスを利用して試してみると良いでしょう。

シェアする

フォローする