ポケットwifiの無制限は遅いですか?

ポケットWi-Fiには、通信量に上限があるものと無制限のものがあります。

人気が高いのは、無制限のプランです。

しかし無制限だと、何か制限があるのではないかと不安で、契約するかどうか迷っている方も多いでしょう。

この記事では、ポケットWi-Fiの無制限の速度などについて解説します。

無制限プランでポケットWi-Fiを契約しようと考えている方はご覧ください。

ポケットWi-Fiの無制限は、通信量が制限されるプランと速度が変わらない

ポケットWi-Fiの無制限は、通信量が制限されるプランと速度に違いはありません。

例えばWiMAXの場合7GBプランと通信量無制限の「ギガ放題」がありますが、どちらも速度は同じです。

つまり一言で言うと、無制限だから遅いということは絶対にないのでご安心ください。

しかしポケットWi-Fiの通信速度は、色々な要因で変化します。

そのため無制限で速度が遅いと感じたら、それにはプランと別に原因があるでしょう。

通信制限にかかると速度は落ちる

ワイモバイルのポケットWi-FiもWiMAXも、一定の通信量に達すると通信速度が制限されます。

そのため、通信制限にはかからないように気をつけたいですね。

2017年1月現在、ワイモバイルの場合は直近3日間で3GB以上通信すると、速度制限がかかります。

WiMAXの場合も同様ですが、2月2日からは3GBから10GBに変更される予定です。

通信制限にかかるとポケットWi-Fiの本来の性能は発揮できなくなるので、制限にはかからないように注意したいところです。

ルーターによっても速度は変わる

ルーターによって、ポケットWi-Fiの最高速度は異なります。

例えばWiMAXのWX03は下り440Mbpsで、W03は370Mbpsです。

ワイモバイルのポケットWi-Fiは504HWなら下り261Mbps、603HWなら612Mbpsです。

ただしこれらはあくまで最高速度で、実際は極端な差はないと考えられます。

ルーターを置く場所でも速度が変わる

ポケットWi-Fiの中でも特にWiMAXは、置く場所で速度が一気に変化します。

屋外なら遮るものがないため高速ですが、屋内だと壁によって遮られるなどして速度が落ちてしまうので、固定回線がわりに使おうと考えている人は注意しましょう。

まとめ

ポケットWi-Fiは、無制限プランだからといって速度が落ちる訳ではありません。

速度の変化は、場所やルーターの機種、通信制限の有無で変わります。

シェアする

フォローする