ポケットwifiの選び方 仕事で使う人の場合

ポケットWi-Fiには、大きく分けて二つあります。WiMAXとワイモバイルのPocket Wi-Fiです。

今回は仕事で使う人の場合どちらを契約するべきなのか、説明します。外出先などでネットを使うことが多い人は、ご覧ください。

速度重視なら、WiMAXがおすすめ

WiMAXは、速度が非常に速いのがメリットです。

大容量のデータを転送するときも、WiMAXならすぐに送れるでしょう。

ワイモバイルのPocket Wi-Fiとずば抜けた差があるわけではありませんが、速度重視ならWiMAXがおすすめです。

現在はWX03というルーターを選べば、下り最大440Mbpsで通信できます。

実際ここまでの速度が出るわけではありませんが、WiMAXの中でも最高速度を出したいならWX03がおすすめです。

デメリットは、エリアが狭いことです。

WiMAXは都市部ならエリア内の場所が多いですが、地方だとエリア外なこともあります。

そしてWiMAXは、ルーターの置き場やその場の環境でコロコロ速度が変化します。

喫茶店の中やホテルの上の方の階では繋がらないことがあり、通信を安定させるのが難しいのも、デメリットですね。

ちなみに選ぶルーターによっては、au回線を別料金1005円で使うこともできます。

別料金がかかるのは難点ですが、エリアの狭さの対策は可能ということです。

できるだけ広いエリアで使えた方が良いなら、Pocket Wi-Fiがおすすめ

Pocket Wi-Fiは、ワイモバイルのポケットWi-Fiでエリアがとても広いです。

地方でもある程度は問題ないでしょう。

ただしその代わりに、速度はWiMAXよりも落ちる場合が多いです。

しかし実は、603HWという最新のルーターでは、下り最大612Mbpsという驚異的なスペックが備わっています。

速度においても、Pocket Wi-Fiは今後有利になってくるでしょう。

もう一つのデメリットは、3年契約であることです。

WiMAXは2年で解約できますが、Pocket Wi-Fiは3年経たなければ解約できません。

まとめ

仕事で使う場合は、速度重視の場合とエリアの広さ重視の場合がありますよね。

速度重視なら今のところWiMAX、繋がりやすさはPocket Wi-Fiがおすすめとなるでしょう。

なお大容量のデータをすぐに送受信できるポケットWi-Fiですが、WiMAXは3日につき10GB(2017年2月2日より)、ポケットWi-Fiは3日につき3GB以上通信すると速度制限がかかることに注意したいですね。

シェアする

フォローする