ポケットwifi 白ロムでの使い方とは?

中古ショップでは、ポケットWi-Fiの白ロムがよく販売されていますよね。

この記事では、ポケットWi-Fiの白ロムの使い方について解説します。

微妙な使い道も多いのですが、気になる方はご覧ください。

SIMフリーなら、格安SIMで使える

SIMフリーのポケットWi-Fiルーターがあります。

イーモバイル時代のポケットWi-Fiルーターなどは、SIMフリーの機種が多いです。

これらは格安SIMを入れて設定を行うことで、通信可能になります。

3Gのみに対応している場合速度は限られますが、通信できるのは便利ですね。

ドコモ回線の格安SIMを入れて使えば、地方でも使いやすいのでオススメですよ。

WiMAX対応パソコンは契約すれば使える

WiMAXを内蔵したパソコンを入手した場合は、契約すればWiMAXでの通信が可能になります。

1日単位での契約もでき、なかなか便利です。

クレジットカードでの契約なら、すぐに使い始められますよ。

ホテルなどで有線LANに繋いで回線を無線化する

WiMAXなどのルーターは、クレードルがあれば有線LANに接続することも可能になります。

そして無線LANルーターがわりにすることができるのです。

つまり白ロムのルーターをクレードルとセットでホテルなどに持ち込めば、無線LANの使えないホテルでも無線でタブレットやスマホをネットに繋げられます。

これは便利ですね。

WiMAX2+ルーターはmineoのau回線SIMで使える

WiMAX2+のルーターに、mineoのau回線のSIMを入れれば通信が可能になります。

パソコンからAPN設定をすれば、WiMAX2+やau回線で通信することができます。

これはなかなか便利ですよね。

機種によって使える回線は異なってきます。

au回線をWiMAXで使うと本来は別料金が発生しますが、mineoのSIMでの利用ならば別料金は特にかかりません。

なおmineoで契約している通信量以上は使えないので、その点は注意しましょう。

WiMAX2+ルーターは、なかなか良い使い道がありますね。

白ロム購入もオススメです。

まとめ

ポケットWi-Fiの白ロムは、SIMフリーなら格安SIMで使えます。

WiMAX2+のものはmineoのauSIMでなら使えます。

白ロムをもし購入するなら、SIMフリーかWiMAX2+のものを選ぶと良いでしょう。

それ以外のものは、用途が限られてきます。

シェアする

フォローする