ポケットwifiとテザリングの違いとは?

ポケットWiFiを契約しなくても、スマホでテザリングという機能を使えばパソコンなどで通信できると聞いたことがありませんか?

この記事では、ポケットWiFiとテザリングの違いを解説します。

それぞれにメリットもデメリットもあるので、それらを知ることでポケットWiFiを契約する意味がわかりますよ。

テザリングは、スマホやタブレットから行える

テザリングは、スマホやタブレットをルーターとして、他のパソコンやゲーム機などをインターネットに接続することができる機能です。

対応しているスマホなどがあれば使えますので、持ち歩く機器が増えないのはとても便利ですね。

ただしテザリングはメリットばかりではありません。

まずスマホなどから通信するため、そのバッテリー消費が激しいですね。

普段から使っているスマホでテザリングしていたら、バッテリーがなくなってしまい重要な電話を受けられなかった!

という事態にもなりかねません。

さらにスマホなどで契約している通信量以上は通信できないので、気をつけなければいけません。

速度も契約しているSIMによって変わりますので、格安SIMなどでテザリングすると時間帯によっては速度が遅くなりますね。

そしてもう一つ、テザリングで同時接続できる台数もポケットWiFiより少なくなります。

ポケットWiFiは基本的にテザリングよりも有利だが、月額料金がかかる

ポケットWiFiは、テザリングにおける弱点が解消されています。

専用のルーターで通信するためスマホなどのバッテリー消費を抑えることができますし、スマホの通信量を圧迫することもありません。

使い放題プランなら、通信量の上限もありませんね。

時間帯によって速度が変わることもなく基本的に高速、同時接続台数もスマホなどでテザリングするより多い場合がほとんどです。

ただしポケットWiFiを契約すると月額料金が別に4000円かかってしまうのが難点ですね。

またルーターを別に持ち歩かなければいけないのもちょっと面倒です。

まとめ

ポケットWiFiは月額料金が4000円かかってしまうという弱点こそありますが、テザリングよりも何かと有利です。

専用のルーターを持ち歩くためスマホに負担をかけることがありません。

毎日のように外出先で通信したり、あるいは自宅で固定回線がわりに通信したりしたいのであれば、テザリングよりもポケットWiFiを契約した方が良いでしょう。

シェアする

フォローする