ポケットwifiって周波数で何が変わるの?

ポケットWiFiを利用していて気になるのが、2.4GHz帯と5GHz帯の違いでしょう。

それぞれに切り替えられる機能がルーターについていることが多いですが、切り替えれば一体何が変わるのでしょうか。

数字だけ記載されても、よくわかりませんよね。

この記事では、ポケットWiFiの周波数について詳しく解説します。

今までなんとなくで使ってきた方も、これからは意味を理解した上で切り替えを適切に行えるようになりますよ。

2.4GHz帯は広い範囲に電波が届くが、速度では劣る

ポケットWiFiの2.4GHz帯は、広い範囲に電波が届きます。

つまり例えばリビングにルーターを置いたまま、隣の部屋やその隣の部屋に行っても普通にスマホで通信ができる場合が多いですね。

部屋がいくつかある自宅で固定回線代わりにポケットWiFiを使うなら、2.4GHz帯の方が便利になるでしょう。

ただし弱点もあります。

まず速度が5GHz帯よりも遅くなりますし、さらに電子レンジやマウスなど日常で使うものの多くに2.4GHz帯が使われている関係上、同時にそれらを使うと電波が干渉してしまったりしますね。

そしていくら広い範囲に届くと言っても、限界はあります。

離れすぎると通信できません。

5GHz帯は電波が届く範囲が狭くなるが、速度が速いので大容量通信に有利

5GHz帯は、非常に速度が速いことが特徴ですね。

大容量データをダウンロードするときでも、5GHz帯に接続していれば一瞬で通信を終えられるでしょう。

さらに日常で使う機器にはあまり5GHz帯が使われていないため、電波の干渉もあまりありません。

しかしデメリットとして、電波が届く範囲が狭くなってしまうことや、5GHz帯での通信に対応している機器でしか速度の恩恵を受けられないことが挙げられますね。

ワンルームマンションなど部屋が狭い場所や外出先で使うなら、それほどルーターから離れることもないので5GHz帯が良いでしょう。

常に快適な速度で通信することができますよ。

まとめ

ポケットWiFiの周波数の違いで大きく変わるのは、通信速度です。

5GHz帯に設定した方が、速度は間違いなく速くなります。

基本的には5GHz帯で使用し、電波が届かないなら2.4GHz帯に設定を切り替えると良いのではないでしょうか。

場所や場合に応じて切り替えていくことで、ポケットWiFiはいつでも快適に使えますよ。

シェアする

フォローする