ポケットwifi 地方でもつながるのは?

ポケットWiFiは、日本全国どこでもつながってほしいものです。

この記事では、地方でもつながりやすいポケットWiFiを紹介します。

出張の多い方や、旅行することが多い方はご覧ください。

つながりやすさでは、スマモバが最高

ポケットWiFiでも、最高につながりやすいのはスマモバです。

なぜスマモバがつながりやすいかというと、スマモバはドコモ回線を使用しているからです。

都会の街中では、ドコモもauもソフトバンクも、しっかりと電波が通じますよね。

しかし地方の外れや山の中などあまり人が住んでいない地域に行くと、ドコモだけがしっかりと通信できるケースがしばしば見受けられます。

ドコモ以外の場合人口カバー率は高くても、結果的に利用する人がほとんどいない地域については無視してしまっていることが多いんです。

しかしドコモなら、人里を離れていても結構しっかりとカバーしています。

スマモバはドコモ回線を使っているポケットWiFiを提供しているので、つながりやすさでは最高ですね。

どこでも通信できるポケットWiFiを契約したい人にオススメです。

WiMAXは、対応している端末ならau回線でも通信できる

WiMAXは、非常に高速で通信できるのがウリのポケットWiFiです。

現在はWiMAX2+という規格が主に用いられています。

無印WiMAX時代は、正直なところあまり電波が届かない場所が多かったものです。

私の田舎は青森の都会から離れた端の方にあるのですが、圏外でした。

しかしWiMAX2+になってからは、公式サイトでもバッチリエリア内に入っていて使えます。

さらにWiMAXは現在、au回線での通信に対応しているルーターも展開しています。

別料金がかかる、7GBまでが上限などデメリットはありますが、いざという時はau回線で通信るることができるので、より広いエリアをカバーできますね。

ただしWiMAXは、エリア内でも屋内など壁が多い場所では通信が苦手です。

この点には注意が必要ですね。

まとめ

地方でもつながりやすいポケットWiFiといえば、ドコモ回線のスマモバやエリアを拡大しつつau回線でも通信できるWiMAXが挙げられます。

特にスマモバについては、別料金もかからずに日本全国で通信できることが考えられるのでオススメですね。

シェアする

フォローする